【ちはやふる下の句】

ちはやふる下の句

© 2016 映画「ちはやふる」製作委員会 © 末次由紀/講談社

監督 小泉 徳広
タイヨウのうた
ガチ☆ボーイ

広瀬すず主演で末次由紀の大ヒットコミックを実写映画化したちはやふる2部作の後編
上の句がめちゃくちゃ面白くて高評価でしたね。さて下の句は・・・
ジャンルが一気に変わったという印象。上の句はアクション要素強めで、下の句はドラマ的要素にシフトしたといったところ。上の句面白すぎたから、その期待値のまま行くと危険ですよ
とにかく一貫して
個VSチーム
カルタに一人で向き合ってきたものと、仲間と団体戦を通して向き合ってきたもの、どちらが強いのか?

人と人との繋がりを様々な視点からわかりやすく描いてくれてます。というか親切過ぎる。それだけ前振りあればその台詞喋らなくても伝わるから!べらべらと説明過多なのは残念
ちはや達と相反する個の代表が今回登場する現クイーン若宮詩暢
「団体戦なんかお遊びやったって全員に伝えたるわ」
なんてことを予告で言っていますね
カルタとの向き合い方はもちろん、人からどう見られても気にしないあたりも個の強さを象徴してますね

前作から同様、ちはやふるの面白いところは句の意味と感情がシンクロしていく部分ですが、今回のちはやふるの意味からの演出はかなり熱かった
黒板演出は今回も健在、やっぱり青春学園ものは学校のアイテムをうまく活用してなんぼ、吹奏楽部のシーンも面白かった
相変わらず肉まん君絡みの笑いの演出は面白かったし、机君もいい味出してて上の句と比べると多少盛り下がった感はあるがそれでも十分面白かったです!

最後のシーンは老けてた方がよかったな、続編も決まったし楽しみに待ちましょう!
ここを見て欲しい!
ラストの試合は漫画やアニメを見ているような正に実写版!という感じ
BGMが仕事し過ぎている

投稿者: トミー

映画見てレビューしてます(ネタバレの場合は表記有) 洋画も邦画も見ます 基本流行の映画や話題作中心 映画ファンというより、たまに映画見たりDVD借りる人が楽しめるかどうかという視点でレビューしていきます。 休日の映画鑑賞の参考にでもして頂けたら幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です