【ドクターストレンジ】


(C)2016 Marvel. All Rights Reserved.

監督 スコット・デリクソン
公開日 1月27日
公開時間 115分

☆3.6

マーベル・シネマティック・ユニバースに連なる一作、イミテーションゲーム・エニグマと天才数学者の秘密でおなじみ、イギリスの人気俳優ベネディクト・カンバーバッチが、魔術を操る異色のヒーロー、ドクター・ストレンジに扮したアクション。

マーベルシネマティックユニバースの新キャラクター、ドクターストレンジ。また随分とくせの強いのが出てきました。相変わらずマーベルはキャスティングが素晴らしい。今回ベネディクトカンバーバッチ主演においた時点で勝ちですよ。そして見たことない映像。これはIMAXDで見るべきだ!

.
圧倒的で新鮮な映像
まず冒頭のアクション、ここですぐに引き込まれる。魔術を使った近接戦闘に加え、空間や時空を変化させたり、移動したり、見たことのないアクションシーンに心奪われる!


魔法とかって遠距離の飛び道具というイメージが強いですが、基本的には近接がメイン、特にティルダ・スウィントン演じるエンシェントワン、この女性がスキンヘッドで強いしカッコいい!
追ったり追われたりする展開が多くて、途中またかと思うシーンもあったが、最終対決の戦いは、見たことない展開で完全にやられました。

因みに原作でのエンシェントワンは、性別が男で舞台は中国。今回は性別も女で舞台も変わってかなり原作ファンはお怒りのようです。初見としてはなんの問題もなく楽しめましたがね。

.
.
スピリチュアルパワー
この映画はかなりスピリチュアルな部分が多く、魂や宇宙、自然といった部分にも大きくフォーカスをしている。個人的な見解ですが、化学が進化し、知識を得れば得るほど、化学で解明されていないものは信じにくくなる。

ガンの治らない人が足つぼで完治したケースもあるし、体を見ただけでどこが悪いかわかる人がいたりもする。そこにエビデンスがなければそれはオカルト、という言葉で一蹴されたりもする。しかし体を見ただけでどこが悪いかわかる人は、人の磁気が見えていて異常がわかる、なんてことが解明されると信じるようになる。化学が進歩していない昔の人はそういったことを感覚でわかっていたりしたのではないでしょうか?そして今も化学で解明されていない不思議なことは存在している。魔術なんていうと一気に胡散臭くはなるが、実際それに近い能力を持っている人たちは確かに存在している気がする。
「あなたの知っている世界、それはほんの一部にすぎない」

.
.
ヒーロー誕生話に欠落していたもの
今回どうやってドクターストレンジが誕生したかという話になっているわけですが、ヒーローが誕生する時に楽しいのが、能力を手に入れるまでの過程。ここは大きな見所の一つ。しかしここが残念なことに薄い内容となっていた。
選ばれし者で、最初から特殊な力をもっていてそれに目覚めた、ということなら辛うじて納得はする。しかし魔術を習得するには

必死に学び実践する。
長い年月をかけて勉強をし、経験を積むことで報われる。なのにも関わらず修行の期間が実際どれくらかわからないが、数週間程度しかやっていないように見える。しかも初歩的な魔術もままならない状態で、急に荒治療的なことをやり、急に成功する。その成功のプロセスも見せてくれないから、何がきっかけなのかもわからない。この描写不足が故、強い敵と戦った際互角に戦えることへの違和感がノイズになり素直に楽しめない。途中のマント演出もよくわからないし。
ここだけは残念でした。

.
.
まとめ
残念なことはありましたが、ベネディクトカンバーバッチのはまり役も素晴らしく、新しい映像体験ができて本当に満足でした!これは映画館で見たほうが絶対いいです。そしてエンドロールではマーベルお馴染みの演出に今後の楽しみが止まらない!ドクターストレンジとアベンジャーズの絡みを楽しみ待ちたいと思います。
是非IMAXDでご覧下さい。

2017年公開注目映画(MCU)

明けましておめでとうございます!
去年は君の名は。がぶっちぎりなうえに、公開18週目にして、いまだに週間映画ランキング7位という一体どこまで伸びるんでしょうか?

そして2017年も楽しみな映画が沢山待っています。
今回は大好きなマーベルシネマティックユニバース(MCU)限定でご紹介。
マーベルシリーズは2008年アイアンマンから始まり、それぞれの映画がクロスオーバーするという長期的な作品となっております。

フェイズ1
『アイアンマン』(2008)
『インクレディブル・ハルク』(2008)
『アイアンマン2』(2010)
『マイティ・ソー』(2011)
『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』(2011)
『アベンジャーズ』(2012)

フェイズ2
『アイアンマン3』(2013)
『マイティ・ソー ダーク・ワールド』(2013)
『キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー』(2014)
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014)
『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』(2015)
『アントマン』(2015)

フェイズ3
『キャプテン・アメリカ: シビル・ウォー』(2016)
マーベルシネマティックユニバースがシビルウォーからフェイズ3に入りました。


1月27日
ドクター・ストレンジ
監督 スコット・デリクソン

(C)2016 Marvel. All Rights Reserved.

マーベル・シネマティック・ユニバースに連なる一作、イミテーションゲーム/エニグマと天才数学者の秘密でおなじみ、イギリスの人気俳優ベネディクト・カンバーバッチが、魔術を操る異色のヒーロー、ドクター・ストレンジに扮したアクション。
大好きなマーベル作品の新しいヒーロー!予告編だとインセプションを彷彿とさせるような不思議な映像で、一体どんな仕上がりになっているのでしょうか?


5月5日

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー2
監督 ジェームズ・ガン

2014年に公開されたガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの続編。アメリカでは大人気も日本ではかなりマニアック。劇中に使われる曲が懐かしい選曲ということもあり、そこに思いいれの少ない日本人にはあまり受けなかったように感じます。前回に引き続きジェームズ・ガンが担当。

8月11日
スパイダーマン・ホームカミング
監督 ジョン・ワッツ
シビルウォーでサプライズ登場したスパイディことスパイダーマンがいよいよマーベル作品として登場。

監督 サム・ライミ
2002年 スパイダーマン
2004年 スパイダーマン2
2007年 スパイダーマン3

監督 マーク・ウェブ
2012年 アメイジングスパイダーマン
2014年 アメイジングスパイダーマン2
※3は色々噂はありますが、大人の事情により打ち切り

これだけ最近までやってますから新鮮さはもうない状態。ヒーロー誕生話ではなく既にスパイダーマンがいる前程で話が進む模様。またスパイダーマンやるの?感もありますが、予告編も公開され、アイアンマンとの共闘も!?これは楽しみだ!


これやば!!!

 


11月3日

ソー・ラグナロク
監督 ワイティティ

マイティーソーシリーズの第3作目
ロキとハルクの参戦が決まっているようで、スパイダーマン同様こちらもかなり面白い組み合わせになりそうです。

その他はまた別の機会にご紹介したいと思います。
今年も宜しくお願いします!

【キャプテンアメリカシビルウォー】

9月16日にキャプテンアメリカシリーズの第3弾
キャプテンアメリカシビルウォーがDVD&BLDで登場しました!
シビルウォー
早速購入して見直しましたがやっぱり面白い!

公開当時こちらのサイトでもレビューしました
http://movie-viewer.com/civilwar

シビルウォーというのは内戦。ヒーロー同士が戦うことになるのですが
この映画は何が面白いって、戦う動機がはっきりしているので感情移入しやすい、ゆえに観客はどちらが正しいか判断しにくい。このバランスが本当に絶妙。

簡単にあらすじを交えて説明します。
ヒーロー達は自分の判断で事件に介入し世界を救っている。しかし多くを救うと同時に戦闘に巻き込まれて罪のない人が死んでしまうこともある。

そこで政府はヒーロー達を政府の機関として登録すると提案
勝手に暴れて罪のない人を巻き込んだらそれは犯罪者とかわらない。政府公認のもとに活動をするべきだ(アイアンマンの主張)
%e3%83%88%e3%83%8b%e3%83%bc

しかし登録をしたら選択の権利すら失う、行くべきでない所へ行けと言われたら?政府にいいように使われるかもしれない。(キャプテンアメリカの主張)
%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%97%e4%b8%bb%e5%bc%b5

ここが見ている側はどちらが正しいか迫られる。
自分だったらどうする?と考えさせられる

この協定の話を経てアイアンマンチームキャプテンアメリカチームに分かれる。ここのチームの分かれ方も各々動機がありはっきりしている。動機がはっきりしていない状態で戦われても感情移入ができない。それぞれの主張や立場、背景があって何が正しいかわからないから面白みが出るというものだ。
それにアイアンマンが過去に作品で、自分の正義を振りかざすのは危険と思う事件(エイジオブウルトロン)、国の為に尽くしてきたキャプテンも政府が信用できない出来事(ウインターソルジャー)が起きている。過去作を知っていればより深みが増すであろう。

こうしてアベンジャーズは分裂してしまう。しかし物語はここで終わらずに最終幕、驚愕の出来事が!?
当時映画見ながらこの展開に驚きを隠さずにはいられなかったのをよく覚えています。そりゃ仲間割れするわ!
とはっきりわかるし、ここでも誰が正しくて誰が悪いと言い切れない本当によくできた脚本だと思いました。

.
ここからはある程度ネタバレ含めて記載しますので、DVD見る予定の方はまだ見ないことをおすすめします。

.
今回から参入のブラックパンサー
原作知らないんで出てきた瞬間、誰?とかなり初見の喜びを感じつつテンション上がりまくりでした。
キャプテンアメリカとウインターソルジャーの逃亡シーンで何の前触れもなく登場!
急に影が入ってきて
%e7%8c%ab%ef%bc%91
誰?!
%e7%8c%ab%ef%bc%92
爪で引っかくスタイル
%e7%8c%ab%ef%bc%93
ヘリからの銃撃が効かない
%e7%8c%ab%ef%bc%94
このキャラクターはブラックパンサー
かっこいいし、愛嬌もあってかわいい、猫型ヒーロー!本当に見ててテンションあがりました。因みに単独映画化予定!絶対見に行くな(2018年だけど)

この映画最大の見せ場とも言える飛行場の6対6バトル!ここだけで白飯何杯いけるんだってぐらい終始ニヤニヤが止まりませんよ。
アイアンマンチーム
%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%83%81%e3%83%bc%e3%83%a0
キャプテンアメリカチーム
%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%86%e3%83%b3%e3%83%81%e3%83%bc%e3%83%a0

よーいドン!
%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%88
画面いっぱい入り乱れている

アリの大きさのアントマン
%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%88%e3%83%9e%e3%83%b3
コンビネーション技もたまらない
%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%88%e3%82%bf%e3%83%83%e3%82%b0
キャプテンVSスパイディ
%e3%81%8d%e3%82%83%e3%81%a3%e3%81%b7%e3%82%b9%e3%83%91%e3%82%a4%e3%81%a7l
ブラックパンサーVSウインターソルジャー
%e7%8c%ab%e3%82%bd%e3%83%ab%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%bc
ウォーマシン&スパイディ
%e3%82%a6%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%91%e3%82%a4%e3%83%87%e3%82%a3
お馴染みのタッグも
%e3%81%82%e3%81%84%e3%81%82%e3%82%93%e3%81%86%e3%81%89%e3%83%bc

夢のようなタッグやマッチアップ、サプライズと本当に夢の共演の連続でした!

これだけのキャラをそれぞれに見所を残しつつ戦わせ、ただのお祭り映画ではなくストーリーも引き込まれる。新規参戦キャラクター達も多く見飽きることもなかった。このバランスには脱帽です!マーベル映画がある程度面白くいのが、最早当たり前とすら感じるようになってきましたが、改めてやっぱりすごいです!忘れられない1本となりました!

http://amzn.to/2fnKqer

【デッドプール】

200

TM and © Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved. © Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

監督 ティム・ミラー(長編製作1作目)
公開日 6月1日
上映時間 108分
R15指定

☆4.0(5点満点)
アクション好きの男性におすすめ

マーベルコミック原作の人気作「X-MEN」シリーズのスピンオフで、「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」に登場した異色のヒーロー、デッドプールを主役に描くアクションエンタテインメント

知らない方の為にX-MENはウルヴァリンを中心としたミュータントチーム
昔から映画も数多くあります
XMEN1

アベンジャーズはキャプテンアメリカやアイアンマン中心のチーム
SID0010849
(C)2016 Marvel All rights reserved

アメコミの原作を読んでいないのでデッドプールというキャラクターは知らなかったのですが、この映画で相当好きになりました

因みにデッドプールとはセレブ達や死ぬ確立が高い競技を対象に
誰が一番早く死ぬかを当てる
という不謹慎極まりないゲームの名前が由来

オープニングから120%ふざけてやがる
デッドプールのキャラクター知ってれば多少納得できるオープニング
ただのB級映画っぽく見えるけどご安心を

キャラクターの特徴
・おしゃべり(下ネタ含む)
・元は腕のいい傭兵
・超回復(ウルヴァリンと同じヒーリングファクター)
・基本は二丁拳銃に2本の刀(その他の武器も習熟)
・第4の壁を軽々越える

ヒーローと言っても人助けをするわけでも悪党を倒す為でもなく
私情で戦う。戦っている最中も軽口を叩き続け
下品な言葉で下ネタを連発
マスクをつけているが表情豊かで、こんなろくでなし野郎が
愛嬌があり可愛く見えてくる
CN9W5G7UsAA9Brl
どこかの熊のぬいぐるみもかわいさと下品な両面もっていましたね
これが大ヒットを記録している理由でしょう
何故かデッドプールはキティちゃんが好きで劇中にも登場します

映画の見所
戦い方も銃と刀を使ったスタイリッシュなアクションで
非常にかっこよく面白いのですがそんなことよりこの映画の最大の特徴は
「第四の壁の突破」
もうここに尽きるでしょう

第四の壁
演劇等において観客席(現実)と舞台(フィクション)の間に概念上存在する透明な壁

いわゆるメタ発言

コミックでキャラクターが
「何で俺が活躍できないんだ?」
「作者が気に入っていないんだよ」
などと、視聴者とキャラクターの境界線を破ること
20081115161238
昔はこういうメタい発言がゲームにはよく出てくる

最近だとウルフオブウォールストリートやマネーショートでも
観客に話しかけるシーンが登場したが本作は永遠とこれをやっている

観客に話しかけるのは当たり前で
・制作費がないからできなかった
・他の映画の話題をいじる
・役名ではなく俳優名を喋る
こんな話ずっとしてます

 

そもそもコミック自体が第4の壁を越えるキャラクターになっており
自分がコミックの中にいるキャラクターという認識を持っている
映画では96時間のリーアムニーソンいじったり、自分が出演していた大コケしたグリーンランタンの自虐だったり、撮影カメラまでいじる始末
その他にもそんなシーンが沢山出てきますので、わかると笑えます

実はラブストーリー?!
下品で下ネタ好きで喋り倒すキャラクターなうえに第四の壁を壊し続ける為、まぁうるさい。スパイダーマンが静かと感じる程よく喋る
こんなろくでなし野郎ですが、実は恋人想いの一途な奴
劇中でジョークっぽくこれはラブストーリーなんて言ってますが、いや実際その要素はあって、まさかの最後はほろっと涙が出てしまいました
この辺のバランスも絶妙なんです!
戦う動機も明確で復習と愛する人を守るため、わかりやすい構成
見終わったあとはみんなこの憎めないキャラクターを好きになってしまうはず

最後にちょっと苦言
制作費は確かに他の作品と比べると予算が3分の1~5分の1ぐらいで
予算を節約して公開時間も短くしたようなので都合は色々あるでしょうが

・能力を得てから強くなるまでの話をもう少し深堀して欲しい
コスチュームが赤い理由は出てくるが、何故2丁拳銃と2本の刀なのか等
・X-MENシリーズのキャラクターとの出会いの説明が一切無い
そもそもこんな奴入れるべきじゃないだろうし
a
・敵の能力がいまいちわかりにくい
・終盤人質とった意味ない

やっぱりヒーロー誕生1作目は、そこにいきつくまでの過程を楽しませて欲しかった!そこは残念だったかな

日本では植物図鑑とズートピアに負けて1週目3位となりましたが
アメリカではぶっちぎりの興行収入で大大ヒット!
続編も決まりまたデッドプールに会えるのが楽しみです!

こんなろくでなしヒーローに会いに是非劇場へ
R15だけどあまりグロくはないです
CBJNyhdUMAA2V8u

【シビルウォーキャプテンアメリカ】

シビルウォー

(C)2016 Marvel All rights reserved

監督 ルッソ兄弟
キャプテンアメリカウインターソルジャー
アントマン

4.4 (5点満点)

マーベルコミック原作「キャプテン・アメリカ」シリーズの第3作。マーベルヒーローが集結した「アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン」後の物語となり、キャプテン・アメリカとアイアンマンという「アベンジャーズ」を代表する2人のヒーローの対立を描く

純粋に面白い!ワクワクが止まらなかった
マーベル原作ファンの間でも人気が高いストーリーらしいが
いや本当に面白かった

何故ヒーロー同士が戦わなければならなくなってしまったのか?

ストーリーを簡単に要約すると、力を持ちすぎたヒーロー達は世界を救う為とはいえ、色々なところで暴れ放題!視点を変えればそれに巻き込まれて死んでしまった一般人がいる
強大な力をコントロールする力がない。故に政府の管理下に入れ、という話で揉める
少し前に公開したスーパーマン対バットマンも似たようなストーリーでしたが

通常ヒーロー達が戦うことになる場合
・お互いに何か誤解をしている
・悪に対して洗脳されている

等が原因となり、結局最後は共通の悪を共闘して倒すというのが定番ですが本作はそんな単純じゃない
各ヒーローには戦うはっきりとした動機があるから、どちらが正しいとも言えない
しかもアベンジャーズで積み重ねてきた背景がそこにある為、奥深さもある

ここがこの作品の面白いところ!
正直アイアンマンだけで言えば今作がマーベルシリーズ6作目
大好きなヒーローですが鮮度はなくなっていました

 

しかし去年公開したアントマン参戦
アントマンb
急に現れたブラックパンサー
ブラックパンサーaed5d

予告の登場で大盛り上がりしたスパイダーマンスパイダー万lt

この新規参入が初期メンバーとの絡みを一気に新鮮にしてくれた!
仲間同士の戦いは重い内容ですが、そこに軽口を叩きまくるスパイダーマンが本当にいい仕事してました

序盤・中盤・終盤と全てに見所を作っており
しかも各キャラの持ち味を十分に発揮
特に中盤の飛行場での12人入り乱れての戦いは面白いのなんのって
これだけキャラがいる中でバランスとりながら魅せるのすごくないですか?
様々なキャラクターのマッチアップは夢の対決そのもの
主役張れるキャラが5人いるんですよ!
各作品のサブキャラも大活躍で申し分ない

 

是非IMAX3Dでご覧ください!

 

これだけは抑えておけ!
キャプテンアメリカウインターソルジャー
アベンジャーズエイジオブウルトロン

この2作品は見ておいたほうが大いに楽しめます