【デッドプール】

200

TM and © Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved. © Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

監督 ティム・ミラー(長編製作1作目)
公開日 6月1日
上映時間 108分
R15指定

☆4.0(5点満点)
アクション好きの男性におすすめ

マーベルコミック原作の人気作「X-MEN」シリーズのスピンオフで、「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」に登場した異色のヒーロー、デッドプールを主役に描くアクションエンタテインメント

知らない方の為にX-MENはウルヴァリンを中心としたミュータントチーム
昔から映画も数多くあります
XMEN1

アベンジャーズはキャプテンアメリカやアイアンマン中心のチーム
SID0010849
(C)2016 Marvel All rights reserved

アメコミの原作を読んでいないのでデッドプールというキャラクターは知らなかったのですが、この映画で相当好きになりました

因みにデッドプールとはセレブ達や死ぬ確立が高い競技を対象に
誰が一番早く死ぬかを当てる
という不謹慎極まりないゲームの名前が由来

オープニングから120%ふざけてやがる
デッドプールのキャラクター知ってれば多少納得できるオープニング
ただのB級映画っぽく見えるけどご安心を

キャラクターの特徴
・おしゃべり(下ネタ含む)
・元は腕のいい傭兵
・超回復(ウルヴァリンと同じヒーリングファクター)
・基本は二丁拳銃に2本の刀(その他の武器も習熟)
・第4の壁を軽々越える

ヒーローと言っても人助けをするわけでも悪党を倒す為でもなく
私情で戦う。戦っている最中も軽口を叩き続け
下品な言葉で下ネタを連発
マスクをつけているが表情豊かで、こんなろくでなし野郎が
愛嬌があり可愛く見えてくる
CN9W5G7UsAA9Brl
どこかの熊のぬいぐるみもかわいさと下品な両面もっていましたね
これが大ヒットを記録している理由でしょう
何故かデッドプールはキティちゃんが好きで劇中にも登場します

映画の見所
戦い方も銃と刀を使ったスタイリッシュなアクションで
非常にかっこよく面白いのですがそんなことよりこの映画の最大の特徴は
「第四の壁の突破」
もうここに尽きるでしょう

第四の壁
演劇等において観客席(現実)と舞台(フィクション)の間に概念上存在する透明な壁

いわゆるメタ発言

コミックでキャラクターが
「何で俺が活躍できないんだ?」
「作者が気に入っていないんだよ」
などと、視聴者とキャラクターの境界線を破ること
20081115161238
昔はこういうメタい発言がゲームにはよく出てくる

最近だとウルフオブウォールストリートやマネーショートでも
観客に話しかけるシーンが登場したが本作は永遠とこれをやっている

観客に話しかけるのは当たり前で
・制作費がないからできなかった
・他の映画の話題をいじる
・役名ではなく俳優名を喋る
こんな話ずっとしてます

 

そもそもコミック自体が第4の壁を越えるキャラクターになっており
自分がコミックの中にいるキャラクターという認識を持っている
映画では96時間のリーアムニーソンいじったり、自分が出演していた大コケしたグリーンランタンの自虐だったり、撮影カメラまでいじる始末
その他にもそんなシーンが沢山出てきますので、わかると笑えます

実はラブストーリー?!
下品で下ネタ好きで喋り倒すキャラクターなうえに第四の壁を壊し続ける為、まぁうるさい。スパイダーマンが静かと感じる程よく喋る
こんなろくでなし野郎ですが、実は恋人想いの一途な奴
劇中でジョークっぽくこれはラブストーリーなんて言ってますが、いや実際その要素はあって、まさかの最後はほろっと涙が出てしまいました
この辺のバランスも絶妙なんです!
戦う動機も明確で復習と愛する人を守るため、わかりやすい構成
見終わったあとはみんなこの憎めないキャラクターを好きになってしまうはず

最後にちょっと苦言
制作費は確かに他の作品と比べると予算が3分の1~5分の1ぐらいで
予算を節約して公開時間も短くしたようなので都合は色々あるでしょうが

・能力を得てから強くなるまでの話をもう少し深堀して欲しい
コスチュームが赤い理由は出てくるが、何故2丁拳銃と2本の刀なのか等
・X-MENシリーズのキャラクターとの出会いの説明が一切無い
そもそもこんな奴入れるべきじゃないだろうし
a
・敵の能力がいまいちわかりにくい
・終盤人質とった意味ない

やっぱりヒーロー誕生1作目は、そこにいきつくまでの過程を楽しませて欲しかった!そこは残念だったかな

日本では植物図鑑とズートピアに負けて1週目3位となりましたが
アメリカではぶっちぎりの興行収入で大大ヒット!
続編も決まりまたデッドプールに会えるのが楽しみです!

こんなろくでなしヒーローに会いに是非劇場へ
R15だけどあまりグロくはないです
CBJNyhdUMAA2V8u

投稿者: トミー

映画見てレビューしてます(ネタバレの場合は表記有) 洋画も邦画も見ます 基本流行の映画や話題作中心 映画ファンというより、たまに映画見たりDVD借りる人が楽しめるかどうかという視点でレビューしていきます。 休日の映画鑑賞の参考にでもして頂けたら幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です