【ファインディングドリー】

dori-ter2
(C)2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

監督 アンドリュースタントン
共同監督 アンガスマクレーン
公開日 7/16
上映時間 97分

☆3.9
前作振り返りはこちら↓

ファインディングニモ振り返り(ネタバレ)

ピクサー・アニメーション・スタジオの大ヒット作「ファインディング・ニモ」の13年ぶりとなる続編。前作の主人公マーリン&ニモ親子の親友で、ナンヨウハギのドリーが、忘れていた家族を探すために繰り広げる冒険を描く。カクレクマノミのマーリンが、ナンヨウハギのドリーと共に愛する息子のニモを人間の世界から救出した冒険から1年。3匹は平穏な日々を過ごしていたが、ある晩、ドリーは忘れていた両親との思い出を夢に見る。昔のことはおろか、ついさっき起きたことも忘れてしまう忘れん坊のドリーだが、この夢をきっかけに、忘れてしまったはずの両親を探すことを決意。「カリフォルニア州モロ・ベイの宝石」という唯一の手がかりから、人間たちが海の生物を保護している施設・海洋生物研究所に、両親やドリーの出生の秘密があるとを突き止めるが…

.DORY
「私はドリー、何でもすぐ忘れちゃうの」
予告の頭でとりあえず可愛すぎだろ!あざといぐらい

字幕で見たかったのですが、今回は字幕の公開が少なく吹替で見ました。
クマノミをみんながニモと呼ぶ社会現象から早13年、みんな何歳?絶対に続編は作らないと言っていたのにドリーを主役に抜擢して帰ってきました。大前提としてニモを見ていなくても十分楽しめます、ただ見ておいた方が絶対楽しめます。
やっぱりピクサーすげー!ただ大絶賛というわけでもなく、賛否分かれるんじゃないかなと思います。続編というよりスピンオフとして見た方がすっきりしそう。


前作ニモとの伏線回収

今作が決まっていたわけではないので、厳密に言うと伏線を張っていたのではなく、後付けになりますが、ニモの話の回収っぷりが凄すぎる!ドリーを見ながら、ニモで起きてたのはこういうことだったのか!と納得できるストーリー展開がもはや気持ち悪いレベル!例えば何故ドリーは人間の文字が理解できたのか?
P1030361
ニモで、このゴーグルの文字を読解したドリー

もちろんこれだけではなく、そんなところまで回収するの!?って終始感心しっぱなし。ドリー見てからニモ見たらまた印象変わりそうです。
それに合わせてニモでの出来事の会話が要所に散りばめられていますから(それを知らなくてもストーリー上問題はない)絶対ニモからのドリーをおすすめします!
このレベルまでとは言いませんけど、アリスインワンダーランドもっと頑張れただろーにー

a
短所(コンプレックス)との向き合い方
ドリーは物忘れが激しい、この欠点を抱えながら家族を探す旅というのが大きなテーマ。
・物忘れの激しいナンヨウハギ(ドリー)
・片ひれが小さいクマノミ(ニモ)
・7本足のタコ(ハンク)
HANK1
・視力の悪いジンベイザメ(ディスティニー)
・エコロケーションの使えない白イルカ(ベイリー)
ディスベイ
等々欠点のある様々なキャラクターが描かれている。

ドリーは自分で「私すぐ忘れちゃうの」と伝えてますが、マーリンに「君忘れるの得意だろ」なんて言われるとすごく悲しい顔をします。コンプレックスを自分で言っててもいざ人に言われるとショックなことってありますよね。ドリーではこの短所をどう乗り越えるか、またはどう向き合うか、この辺りは是非ひとつ注目して欲しい部分。人は誰しも短所をもっている、それを否定的にとらえる必要はないし、当然それを指摘する必要はない。アナと雪の女王でもエルサはコンプレックスを治すのではなく、向き合っていた、同じテーマとも言えるでしょう。

字幕版と吹替版との違いでニュアンスが変わってしまう部分
残念ながら吹替を見たのですが、やっぱり字幕版を見たかったですね。ドリーの心情を表すのに、「すみません」と声をかける部分がExcuse meではなくI’m sorryと声をかけてしまう自信のなさと細かい部分が吹替は感じ取れませんでした。

a
長所を活かしたアクション要素&コメディ要素
今回新キャラのタコのハンク、擬態能力を持っており、スネークにも負けないカモフラージュ。
ハンク迷彩
実際タコは擬態します。
スネーク
むしろスネークすごいな!

白イルカベイリーのエコーは潜水艦のレーダー。これらを駆使したテラフォーマーズ的アクション、それぞれの得意分野を活かして作戦を遂行するオーシャンズ11的なのはよくありますが、それが動物となるとまた面白いですね。短所や長所を活かしたコメディ要素も絶妙で笑えます!ディスティニーの視力悪いネタとか好きだったなー
あとエンドロール中に帰ったらダメですよ!子供連れの方かなり帰ってましたけど、最後のおまけは本当に嬉しかった!

a
賛否両論
今回監督がファインディングドリー製作にあたって難しい部分と言っていましたが、ドリーの物忘れが激しいと、観客が知っていることをドリーが覚えていない、というフラストレーションが溜まる。この部分を注意して製作したようですが、やはりイライラしてしまう人もいる気はします。私も忘れっぽいのでドリー見てると自分見てるみたいで別の意味でイライラしました。

もうひとつは現実から大幅に外れた演出。
予告編でハンクがベビーカーを運転している時点で少々嫌な感じがしましたが、後半もっととんでもないことが起きます。
ハンクベビーカー
あのラストのシーンはさすがにと感じた人もいるのではないでしょうか?そもそもリアルを追及しているわけではないのでいいっちゃいいんだけど、あまりにも荒唐無稽でしたね。

あとアメリカで騒がれているようですが、ドリーに同性愛カップルが登場するってので様々な意見が飛び交っているようです。
.レズカップル
関係あるかわかりませんが、ドリーの声優エレン・デジェネレスさんがレズビアンで昔カミングアウトしてるみたいです。アナ雪のエルサも男性に興味がないキャラクター説が流れてましたし、ピクサーも攻めますね!

まとめ
子供のドリーが超絶かわいくて、全ての新キャラクター達も甲乙つけがたいぐらいいい味出していました。ディスティニーが想像以上にかわいかった!ニモを超える程の面白さはありませんでしたが、一定水準以上の面白さは確実にあります。つまらないと感じたら期待値高過ぎな気もします。スピンオフ作品として見てください。
ニモを見てからをおすすめします!

今回の推しメン
ラッコ

ニモ前作振り返りはこちら

ファインディングニモ振り返り(ネタバレ)

次はワンピースかな!

投稿者: トミー

映画見てレビューしてます(ネタバレの場合は表記有) 洋画も邦画も見ます 基本流行の映画や話題作中心 映画ファンというより、たまに映画見たりDVD借りる人が楽しめるかどうかという視点でレビューしていきます。 休日の映画鑑賞の参考にでもして頂けたら幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です