【ジャックリーチャー NEVER GO BACK】

%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%bc
(C)2015 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

監督 エドワード・ズウィック
ラストサムライ・ブラッドダイヤモンド
公開日 11月11日
公開時間 118分

☆3.6

トム・クルーズ主演でリー・チャイルド原作の小説ジャック・リーチャーシリーズを実写映画化したサスペンスアクション「アウトロー」の続編。元アメリカ軍のエリート秘密捜査官ジャック・リーチャーは、現在はたったひとりで街から街へと放浪の旅を続けている。ある日、ケンカ騒ぎの末に保安官に連行されそうになったリーチャーは、この騒動が何者かによって仕組まれたものだと気づく。元同僚のターナー少佐に会うため軍を訪れると、ターナーはスパイ容疑をかけられ逮捕されていた。ターナーを救い出したリーチャーは、軍内部に不審な動きがあることを知り、真相を探り出そうとするが……

少々忙しくて久々の映画でした。トムクルーズ主演ジャックリーチャーシリーズの第二弾ですね。期待しないなりに期待して行ったんですが、前作と監督変わってしどうかな?ラストサムライは嫌いではないが・・・


.

アウトロー
ご存知の方も多いと思いますが、前作は2012年に公開された映画「アウトロー」の続編なので先にそこに触れます。ずっと思っていたが原題はジャックリーチャーなのに、日本でアウトローって名前・・・これダサくないか?
大人気小説にトムクルーズ主演でハリウッド映画となりゃ、それはど派手なアクションでってなりそうですが、そんなことなく少し地味なサスペンスアクションとなってました。
最初地味だし面白くないと感じたのですが、ジェイソンボーンシリーズのようなシリアス調ではなく、少しコミカルなシーンを交えたトムクルーズ演じるジャックリーチャーというキャラクターが妙にはまり、意外と好きな映画でした。
ただこの笑いの部分、これがすごいシュール、なんなら今のボケ?笑うところ?と気づかないぐらい滑っているような部分も多く、そこがはまらない人にはすごくつまらないと思います。
・ジャックリーチャーというキャラクターのトムクルーズがいい味を出していた。
・地味めではあるがそれがむしろ新鮮
・シュールな世界観の笑い
・気になるところはあるがちゃんとサスペンスしている
予告見る限りアウトロー見なくても問題ないと思って、振り返りブログも書かなかったのですが、案の定見てなくても大丈夫ですのでご安心を!
さぁそして続編はどうだったんだ?と



..
ジャックリーチャーという男
陸軍、MPという経歴をもっていて軍の中では伝説的になっている男、軍を辞めて家ももたない流れ者で、自分の好きなように生きている。法に縛られず悪を裁く無法者、というダサかっこいい感じ。
houga
前作アウトローでは他を圧倒しこいつに目をつけられるとやばいなという印象だったのですが、今回は妙に人間味が溢れてしまい、現代の男性像とでもいいましょうか、女や子供に振り回されるような描写が凄みを消してしまっていた。キャラクターの背景がわかって何者かわからない人物も、人間味があって親近感が沸く、ということは決して悪いことではないです、でも今回はそれが邪魔をして強み、凄みが薄れてしまった。更にいうと前作でのパートナーは弁護士だったことに対し、今回は女軍人ですからそこの対比も弱い。無法者と弁護士って真逆の立場にいるから面白かったんですけどね。

この方すぐ人殴ります。
%e9%a3%9b%e8%a1%8c%e6%a9%9f
喋る前に殴ります。
kuruma
こんなに手が早い主人公なかなかいない気がします。尾行に100%気づく、気づくとすぐ殴りに行く。そんなん含めてキャラクターとしてはなんだかんだ好き


.

サスペンス要素
前作はそれなりにサスペンスしていたのですが、今回はそこもうまくありませんでしたね。
まず各キャラクターの相関図(悪役)と背景がわかりにくかったり描かれていない。原作小説読んでいませんが、原作をわかっている人が作っている作品というイメージ。マニュアル知っている人はわかってるから説明できた気になっているけど何も知らない人見たら理解できないですからね!そんな印象。
敵と電話しながら急に目の前に現れるとか、演出としては面白いんですけど、何でその場所知ったの?とか突っ込みどころも多く、そこをうまく見せないと、何でもありになってしまうとサスペンスとしては面白くなくなりますよね。
%e9%9b%bb%e8%a9%b1
後半のシーンもおまえのやること(敵)今それか?
おまえはリーチャーを追うのが仕事だろ!
なんて気になるところがあり心で叫んでました


.

まとめ
シュールな笑いの要素は今回も健在、面白いってよりたまに「じわる」って程度、何故か少し癖になるけど。それ以外の肝心要のストーリー、脚本は原作から抜粋でしょうから映画的改変や見せ方が全くうまくなかった。前作良かった部分も今回は失敗しているように感じます。ただジャックリーチャーというトムクルーズ演じるキャラクターは好きなので次回作があればほんのちょっぴり期待しようと思います。映画館出たあと
「トムクルーズかっこよすぎて死ぬ」
って言ってた女性がいたのでトムクルーズファンにはおすすめです!


投稿者: トミー

映画見てレビューしてます(ネタバレの場合は表記有) 洋画も邦画も見ます 基本流行の映画や話題作中心 映画ファンというより、たまに映画見たりDVD借りる人が楽しめるかどうかという視点でレビューしていきます。 休日の映画鑑賞の参考にでもして頂けたら幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です