【バットマン対スーパーマンジャスティスの誕生】

映画公開日 2016年3月25日
DVD&BD発売 2016年8月10日
ジャスティスリーグ
(C)2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC

バットマン対スーパーマンのDVDが発売されました!
過去別のサイトでレビューしていたのでこちらに転載しておきます。

その前にスーパーマン1作目のマンオブスティールの続編となっているので、おさらいをしてから観るとよりわかりやすいです。
マンオブスティールおさらい↓
http://movie-viewer.com/manofsteel

世界的人気を誇るスーパーヒーロー、スーパーマンとバットマンが互いに全力を尽くしてバトルに挑む姿を描くアクション大作。

そもそも
バットマンは人間でスーパーマンは宇宙人

スーパーマンの圧倒的なパワーとスピードは前作から健在!軽く殴っただけで相手は吹っ飛び、重火器も効かない、マッハで空を自由に飛び回り、目からビームも出る!空でのワンショットの佇まいは、神々しくかっこいい。
スーパーマン

バットマンは身に付けている装備が、戦闘によって変わる。もはや途中アイアンマンみたいなパワードスーツになっていた。バットモービルとか乗り物も豊富でかっこいいんだけど、やはりスーパーマンに比べるとね。
バットマン

そもそもこれ勝負になるのか?

孫悟空と筋肉マンが戦うぐらい力の差あるぞ
果たしてバットマンはスーパーマンに対してどう戦うのでしょうか?
futari
舞台は前作マンオブスティールの世界の延長。
正直言うとストーリーは若干わかりにくいのと、それぞれの戦う動機なんかも弱いので正直感情移入があまりできなかった。序盤から中盤にかけアクション見所も少なく、実際二人が対峙するまでの前振りが非常に長い上、151分という上映時間も加わり飽きかけた。

しかし最後のアクション、ここはもう凄すぎて笑いました。マンオブスティールでもあった超高速戦闘。途中から何の映画見てるかわからなくなります。というよりザックスナイダー監督の300(スリーハンドレッド)見てるのかと思いました。そしてこの超高速戦闘の中にいるバットマン(笑)

今回の見所はスーパーマンでも、バットマンもないあいつです。ミスリードがうまくはまってて気づきませんでした。

ストーリーとか正直そんな気にしないで最後のシーン楽しめばいいと思います、ここだけは大興奮!最高でした!
大きな力をもつヒーローを正義とするか?人類に対する脅威と考えるか?テーマ的には非常に面白くなりそうだったので残念でした。

マンオブスティールからの続編なので見なくてもいいと思いますが、時間があったら見てから行った方が理解しやすい。
マンオブスティールおさらい↓
http://movie-viewer.com/manofsteel

 

ここからはネタバレ

これから観ようと思っている人は観ないでください。大好きなシーンがあるんでどうしても語りたい!

 

 

とりあえずスーパーマンとバットマンのマッチアップで、スーパーマンがバットマンフルボッコ。だよね!やっぱ勝てないよね。クリプトナイトという鉱石を使ってほんの少し勝機見出すも力の差は歴然。まずここは変に互角にならなくて良かった!

そのあとですよ

敵のドゥームズデイと
宇宙で戦い気を失ってしまったスーパーマン
1

地上でドゥームズディが暴れまくっている中
スーパーマン復活!
2

その頃地上では、バットマンが墜落
3

そこに襲いかかるドゥームズデイ
4

バットマンにビーム!
5
バットマン死んだと思った瞬間
空から何かが降りてきた!

きたーーーーー!
6

おまえかよ!!!?
ってか誰なの?
どう考えてもスーパーマンくる流れだろ!
しかも直撃を両手で防げるの?
ってか誰なの?

しかもめちゃくちゃ強い!
スピードパワー、スーパーマンと張れる!

さぁ役者は揃った
8

剣と盾で戦うワンダーウーマン
9

ビームで応戦スーパーマン
11

神々の戦いを見つめるバットマンw
10

そりゃ人間だもの
こっちは金にもの言わせてちょっと強めのパワースーツ着てるだけだからね。こんな戦いに参加できるわけもなく
完全に空気

んでワンダーウーマンはなんなの?急にコロッセオから飛び出してきたようなコスプレ女。劇中でも語られなさ過ぎて笑う

この一連の流れが大好き!
バトルもめちゃくちゃ迫力あって最高でしたね!

投稿者: トミー

映画見てレビューしてます(ネタバレの場合は表記有) 洋画も邦画も見ます 基本流行の映画や話題作中心 映画ファンというより、たまに映画見たりDVD借りる人が楽しめるかどうかという視点でレビューしていきます。 休日の映画鑑賞の参考にでもして頂けたら幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です