【ONE PIECE FILM GOLD】

onepiace22
(C)尾田栄一郎/2016「ワンピース」製作委員会

監督 宮元 宏彰
原作・総合プロデューサー 尾田 栄一郎
公開日 7/23
公開時間 119分

☆4.0

人気アニメ「ONE PIECE」長編劇場版のシリーズ13作目。前作「ONE PIECE FILM Z」(2012)に続いて原作者の尾田栄一郎が総合プロデューサーを務め、ドラマ「謎解きはディナーのあとで」や「LIAR GAME」などの黒岩勉が脚本を担当。世界中から海賊、海兵、大富豪たちが集う世界最大のエンタテインメントシティ「グラン・テゾーロ」。世界政府すら手を出すことのできない“絶対聖域”グラン・テゾーロの支配者である黄金帝ギルド・テゾーロが現れ、すべてを金の力で動かすテゾーロの野望によって、世界の勢力図が塗り替えられようとしていた。レギュラー声優陣のほか、満島ひかり、濱田岳、菜々緒、北大路欣也がゲスト声優として出演。

 

尾田
「もうやり続けるしかないと思ってます」
今回も尾田さんは総合プロデューサーとして参加!仕事量が多くなり過ぎるから本当はあまり参加したくないけど、でもワンピースだし、参加したら大きく取り上げられるし、ということで映画を作らないか、膨大な仕事をやり続けるかの2択で、半分諦めつつがっつり関わって製作してくれてます。

 

オープニング
今回尾田先生がこだわった部分の一つとしてオープニングが挙げられています。舞台となる究極のエンターテイメントシティのイメージはラスベガス!なんだけど「ラスベガス越えないと意味ありません」と言っていただけあってオープニング映像がとにかくすごい!豪華でど派手な船を舞台に、ノリノリで気持ちのいい10分以上の長尺ビックバンドスウィングにのせて繰り広げられるショーは圧巻!ここでテンポよく麦わらの一味の紹介もご丁寧にしてくれます。
「抜いたからには、覚悟しろよ」
ゾロ先輩かっこよかったー

ゴールドステラショウ
アニメシーンのダンス表現は難しいらしく、USJのショーダンサーに協力してもらってモーションキャプチャーしたり、金色だけになり過ぎないように様々な色を混ぜたり細かな配慮がなされています。冒頭10分で心わしづかみにされるわ。
アイアンマン2のOPをちょっと思い出しました。
アイアンマン2

.

グランテゾーロ
グランテゾーロへ
「ようこそ、世界最大のエンターテイメントシティ
グランテゾーロへ!」
このグランテゾーロの街並みが作りこまれており、カジノを筆頭にゴルフ場や観覧車、見るもの全てにテンションが上がり、ルフィ達と一緒にワクワク感を共有できる。行ったことないけどラスベガス行ったらこんな感じかもって想像が膨らみます。

.

脚本
脚本
世にも奇妙な物語やライアーゲーム、謎解きはディナーのあとで、等の執筆をしている黒岩さん。尾田先生は今回の脚本は一番面白いんじゃないかなと絶賛していたようです。
アニメは初挑戦ですが、ドラマと違ってこんなセット作れない、金がかかり過ぎて不可能な演出、カメラワークのイメージに制限がないのでかなり自由に描けて楽しかったようです。そしてカジノを舞台に黒岩さんが脚本書いたら、やっぱりこうなりますよね!って感じの展開でした。(決して悪い意味ではなく)話も道筋もわかりやすく、整合性がありシンプルにストーリーが入ってきました。
カリーな
「最初に言ったでしょ、騙されたほうが負けなのよ」

.

脇役を固める豪華声優人
声優
ゲスト声優に多くの俳優さんが参加されています。北大路欣也演じるレイズマックスというキャラが渋くていい味出してました。この写真に載っている名前以外にもコロッケ、竹中直人、オカリナなんかもちょい役で参加。カリーナ演じる満島さんは、サマーウォーズや時をかける少女の、スタジオ地図作品に出てるような感じで、ワンピースぽくはなかったな。
出てくるキャラクターが多いのはいいが、麦わらの一味もちょい役にしかならないという弊害、推しメンが活躍していなかったら悲しいあたりは賛否両論かもね。

.

エピソード・オブ・ギルドデゾーロ
今回の敵役メインギルデゾーロ。過去に闇を抱えておりうっすらとエピソードが語られるのだが、実はギルデゾーロ一人で映画一本作れるぐらい尾田先生はバックグラウンドを描いている。映画本編だけ見ると多少想像できる程度に語られるのだが、配布されている777巻に描かれている話を読むと一層面白くなる。映画本編でもう少し深堀して欲しかったのが正直なところで、ここは少し残念な気もしました。

.

王道バトルもの
総評すると今回はかなりストレートな王道バトルものという印象でした。ジャンプのテーマ
友情・努力・勝利
に恥じぬ、恥ずかしくなるほどど直球の伏線回収があったり、バトルものとしてのガチンコ対決やスペシャルマッチ。映画ならではの華やかな演出にわかりやすいストーリー
これ自分が中高生だったら燃えまくってんだろーな。
kami
「これが神の姿だ!」
4
「テゾーローーーーーー!」

スカッと爽快!夏休みにぴったりの王道バトル映画を是非劇場で!
エンディングの曲もかっけーぞー!!!!
「これぞイッツァエンターテイメンツ!」
IMG_5957

投稿者: トミー

映画見てレビューしてます(ネタバレの場合は表記有) 洋画も邦画も見ます 基本流行の映画や話題作中心 映画ファンというより、たまに映画見たりDVD借りる人が楽しめるかどうかという視点でレビューしていきます。 休日の映画鑑賞の参考にでもして頂けたら幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です