【スーサイドスクワッド】

poster
(C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC

監督 デビッド・エアー
エンドオブウォッチ フューリー
公開日 9月10日
上映時間 123分

☆3.5

「バットマン」や「スーパーマン」などと同じDCコミックスに登場する悪役たちがチームを組んで戦う姿を描くアクション作品。バットマンをはじめとするヒーローたちによって投獄され、死刑や終身刑となった悪党たちが、減刑と引き換えに「スーサイド・スクワッド(自殺部隊)」の結成を強制され、危険なミッションに挑む。

公開から2週間程たってしまいましたが、観て参りました。


DCコミッククロスオーバー作品
現在アメコミヒーロー
・アベンジャーズ(キャプテンアメリカ、アイアンマン等)
・X-MEN(ウルヴァリン)
・DCコミックチーム(スーパーマン、バットマン)

大きく分けてこの3作品と考えていいでしょう。作品の公開数はアベンジャーズシリーズがずば抜けていますが、それに続けと現在DCコミックがクロスオーバー作品を進めています。スーパーマンVSバットマンがそれに当たり、今後はそこに出てきたワンダーウーマンというキャラクターが単独映画化予定。

そしてこの映画もDCコミック映画のクロスオーバー作品の一つとなっています。単独で楽しめる映画となっていますが、実はバットマンVSスーパーマンのあとの時代設定となっており、「スーパーマンなき今」みたいな台詞が出てきて、何も知らない人は少々戸惑うかもしれません。時間に余裕がある方はバットマンVSスーパーマン見ておくといいかも知れません。ただ絶対に見ないと楽しめないわけではないのでご安心を


キャラクター造形
今回の主役はヒーローの敵、ヴィランの寄せ集めチームとなってます。魅力の高い様々なキャラクターがいるが、その中でもマーゴットロビー演じるハーレークイン。このキャラクターは誰が見ても評価高いのではないでしょうか?
%e3%83%8f%e3%83%bc%e3%83%ac%e3%83%bc
かわいくて、狂ってて、エロくて、悪役だけど恋に一途で憎めない。武器もデコってある銃と、バットってのも面白い。アクセサリーや小物も細部まで作りこまれていて、とくかく最高でしたね!ハーレークイン人気でスピンオフもやるらしいから楽しみ。今年のハロウィンはハーレークインのコスプレが増えそうな予感。
ハーレーはみんな大絶賛でしょう、個人的にはエンチャントレス、魔女が怖くて結構好きでした。
%e9%ad%94%e5%a5%b3
ジョーカーも良かったんですが、バットマンダークナイトで演じたヒースレジャーのジョーカーが圧巻過ぎて、それと比べると物足りなさを感じてしまう。そもそもあのあとにジョーカー演じるのハードル高いから仕方ない。
joker
イブサンローランスタイルのスーツを身に纏って、これはこれでかっこいい。
joker2
ヒースレジャーは狂気っぷりが最高でした。


キャラクター背景と能力
今回キャラクターも沢山出てくるのですが、序盤にがっつりキャラクター紹介してくれます。それはいいのですが、中盤以降の戦う理由、動機が弱くてヴィランっぽさが少なかったことが残念です。逃げる、抵抗する、仲間割れする、なんでもいいですが暴れまわって欲しかった。なんか妙にチームワークがあるというか、何かきっかけがあって一時的に絆が生まれるような描写も一部しかないのでスッキリしない。
そして世界観。X-MENはミュータント、アベンジャーズもそれぞれ特殊能力を持っている理由があります。ただ今回は何故そうなった?がよくわからないことと、強さのバランスが開きすぎている。炎を操ったり、ワニの皮膚を纏っているのに対し、ブーメランの達人ってどうなのよ?まぁ原作がそうなんだから仕方ないけど戦力差ありすぎだろ。


まとめ
結局悪役っぷりが弱くて、ちょっと悪いやつら、むしろいい奴か!という印象だったので、もっと悪いことするし、最低なんだけどどこか魅力的というバランスをとって欲しかった。ハーレークインは最高でしたので、それを見るだけでも十分楽しめますが、全体的には中途半端と感じました。今後もDCコミックシリーズのクロスオーバーに注目していきましょう!

投稿者: トミー

映画見てレビューしてます(ネタバレの場合は表記有) 洋画も邦画も見ます 基本流行の映画や話題作中心 映画ファンというより、たまに映画見たりDVD借りる人が楽しめるかどうかという視点でレビューしていきます。 休日の映画鑑賞の参考にでもして頂けたら幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です