【ズートピア】

ずーとピア
©Disney

監督
バイロン・ハワード
リッチ・ムーア
ジャリッド・ブッシュ
公開日 2016年4月23日
上映時間 109分

☆4.7(5点満点)

動物たちが高度な文明社会を築いた世界「ズートピア」を舞台に、ウサギの女の子ジュディが夢をかなえるために奮闘する姿を描いたディズニーアニメーション

最近のディズニー映画は本当にすごい!面白くなかったという人はいないんじゃないですかね?
まずこの作品は監督3人、脚本7人で製作され、それをまとめてひとつの作品としている。そこからブレイントラストという方法で様々なメンバーが意見を出し合いブラッシュアップ。この時点でもうディズニー凄いですよね!

舞台は人間のような文明を築いた動物達が暮らすズートピア
この街には50種類もの動物が暮らし、その動物の特徴を捉え様々なギミックが用意されているのだが、これを見てるだけでワクワクする
無題

サイズ感の違う扉を用意した電車
無題3
キリンに優しいジュースバー
無題2
今回はそれぞれの毛並み表現にもこだわり、キリンの毛で920万本!脱帽です

肉食と草食動物が仲良く暮らすまさに動物達の理想郷なわけですが、この映画のテーマは

差別と偏見

映画によってはわかりにくいメタファーも多くありますが、これは誰が見てもわかりやすく、そして誰の心に突き刺さるでしょう
本当にシビアな問題でこれを題材にするには非常に難しいはず、それをこんなに分かりやすく、面白く、かわいく仕上げている。

様々な人種が暮らすアメリカのメタファー、アメリカ人が見るとよりわかりやすい物語になっているようですが、映画評論家の町山智浩さんの解説を一部抜粋しておきます。

・羊の毛を触る→アフリカ系のアフロヘアを触るのはご法度
・店側はお客様へサービスをしない権利があります→以前態度の悪い客や汚い格好の客にはサービスをしないという張り紙が度々問題になっていた
・同人種で使うと仲間となる言葉を、他の人種に言われると奴隷となるような言葉がある→うさぎにかわいいと言っているシーンで、それは言わないほうがいいよと言い返している
(日本語吹き替えだとこのシーンは見た目で判断しないほうがいいよとニュンスが変わっている)

と、日本人が見てもただの会話にしか見えない部分も、実は差別的要素が多く入っていたりブラックジョークだったりします。それを知って見るとより面白くなるのではないでしょうか?

日本人だから○○
中国人だから○○
男だから、女だから・・・

子供が見れば差別はいけないんだ、となんとなく感じれるでしょうし、大人こそもう一度先入観をなくして見方を考えなきゃいけないと感じるでしょう

しかしそんなことは見てればなんとなく感じれます。深読みしなくても
・世界観が面白い
・動物達がかわいい
・刑事もの、バディものとして楽しい
これだけでも十分面白いです!

警察官になって夢を叶えた主人公、うさぎのジュディがズートピアで起きた肉食動物の失踪事件の真実とは一体なんだったのでしょう?

家族、カップル、子供から大人まで間違いなく楽しめる作品です。
是非是非劇場で!