【ジェイソン・ボーン】

%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%82%a4%e3%82%bd%e3%83%b3%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%b3
(C)Universal Pictures

監督 ポール・グリーングラス
公開日 10月7日
公開時間 123分

☆3.5

マット・デイモンが、記憶を失った最強の暗殺者ジェイソン・ボーンに扮する人気アクションサスペンスのシリーズ第5作。ボーンシリーズ3部作を手がけたポール・グリーングラス監督とデイモンが、9年ぶりにシリーズ復帰を果たし、ジェイソン・ボーンの新たな戦いを描いた。世間から姿を消して静かに生活していたジェイソン・ボーンのもとに、CIAの元同僚のニッキーが現れる。ニッキーは、CIAが世界を監視・操作するために極秘プログラムを始動させたこと、そしてボーンにまつわる、ある驚きの真実を告げる。これをきっかけにボーンは再び動き始めることとなり、追跡を任されたCIAエージェントのリーは、ボーンを組織に取り込むことを画策するが・・・

待ちに待ったボーンシリーズが帰ってきました!9年振り!またジェイソンボーンに会えるのは嬉しい限りです!
しかし一言で言うならば変化がない、と感じてしまいました。

..

復習必須
新作なのでこの映画を新たに見始める方もいるでしょう。しかし物語の性質上ジェイソンボーンは記憶喪失になった為、過去とはきってもきれない関係。さらにまだ思い出していないことがあるというのが本作のメインストーリー。過去3部作を見ていないとよくわからないでしょう。3部作全て見る時間のない方は、ジェイソンボーンとCIAの関係性ぐらいは調べていくことをおすすめします。こちらのサイトでもおさらいしてますので、興味ある方はご覧下さい。

.

現代版ジェイソンボーン
スタイリッシュでリアルな世界観は今回も健在!本作を見た印象は、料理と味付けは変わらないが、店構えや内装を変えたといったところでしょうか。やっていることは相変わらず過去との対峙&CIAとの追いかけっこ。そうそうこれを見たかった、という人もいれば、似たようなことやってんなーと思う人もいるでしょう。
ただ内容は現代の社会問題を扱っている、がしかし、日本だとこの話はあまり有名ではないかも知れません。

「エドワードスノーデン事件」
この話を知っていると受け取る印象が随分違う気がします。映画見る前に調べておくといいですよ。
%e3%83%8f%e3%83%83%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0
%e3%82%b9%e3%83%8e%e3%83%bc%e4%bc%9d%e4%bb%a5%e6%9d%a5

ただ、この現代的テーマとジェイソンボーンが融合していない!最近納豆ドックなるものを食べましたが、いや混ぜる必要なくない?別々に食べたほうが美味しいわ、的なストーリーの軸がバラバラになってしまっていたのが残念でした。それに他の映画でも似たような話は取り扱っているので、鮮度があるわけでもないですからね。

ジェイソンが今回再び姿を現した動機に関しては納得できたし、いつもただの刺客として現れる暗殺者の背景なんかが描かれているところは面白かったです。
%e6%9a%97%e6%ae%ba%e8%80%85

.

ラスベガスカーチェイス
今回不満に感じたことですが、ジェイソンと言えば様々なアイデアを使い状況を打破していきますが、今回はそういったシーンが少なかったですね。そんな方法で出し抜かれちゃやっぱり敵わないわな、と感じられるようなジェイソンの凄みをもっと見たかった。
しかしCMでもやってますが、最後のラスベガスでのカーチェイスは純粋に凄かった!
sensha
kuruma
誰も何も喋らずひたすらカーチェイス、そのシーンの長さにも息がつまりっぱなしでした!

.

まとめ
正直いまいちでしたね。期待値高すぎたってのもあるけど。
旧作の時代にリアルスタイリッシュアクションとして登場したボーンシリーズも、今は他の作品と大差ないように思われます。何か新しい要素を組み込んでいかなければ、ただ旧シリーズをなぞっただけの駄作になってしまう可能性すらあります。

次回作はジェイソンが過去の記憶と対峙する物語では恐らくなくなるでしょうから、次回作に期待しましょう!