【キャプテンアメリカシビルウォー】

9月16日にキャプテンアメリカシリーズの第3弾
キャプテンアメリカシビルウォーがDVD&BLDで登場しました!
シビルウォー
早速購入して見直しましたがやっぱり面白い!

公開当時こちらのサイトでもレビューしました
http://movie-viewer.com/civilwar

シビルウォーというのは内戦。ヒーロー同士が戦うことになるのですが
この映画は何が面白いって、戦う動機がはっきりしているので感情移入しやすい、ゆえに観客はどちらが正しいか判断しにくい。このバランスが本当に絶妙。

簡単にあらすじを交えて説明します。
ヒーロー達は自分の判断で事件に介入し世界を救っている。しかし多くを救うと同時に戦闘に巻き込まれて罪のない人が死んでしまうこともある。

そこで政府はヒーロー達を政府の機関として登録すると提案
勝手に暴れて罪のない人を巻き込んだらそれは犯罪者とかわらない。政府公認のもとに活動をするべきだ(アイアンマンの主張)
%e3%83%88%e3%83%8b%e3%83%bc

しかし登録をしたら選択の権利すら失う、行くべきでない所へ行けと言われたら?政府にいいように使われるかもしれない。(キャプテンアメリカの主張)
%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%97%e4%b8%bb%e5%bc%b5

ここが見ている側はどちらが正しいか迫られる。
自分だったらどうする?と考えさせられる

この協定の話を経てアイアンマンチームキャプテンアメリカチームに分かれる。ここのチームの分かれ方も各々動機がありはっきりしている。動機がはっきりしていない状態で戦われても感情移入ができない。それぞれの主張や立場、背景があって何が正しいかわからないから面白みが出るというものだ。
それにアイアンマンが過去に作品で、自分の正義を振りかざすのは危険と思う事件(エイジオブウルトロン)、国の為に尽くしてきたキャプテンも政府が信用できない出来事(ウインターソルジャー)が起きている。過去作を知っていればより深みが増すであろう。

こうしてアベンジャーズは分裂してしまう。しかし物語はここで終わらずに最終幕、驚愕の出来事が!?
当時映画見ながらこの展開に驚きを隠さずにはいられなかったのをよく覚えています。そりゃ仲間割れするわ!
とはっきりわかるし、ここでも誰が正しくて誰が悪いと言い切れない本当によくできた脚本だと思いました。

.
ここからはある程度ネタバレ含めて記載しますので、DVD見る予定の方はまだ見ないことをおすすめします。

.
今回から参入のブラックパンサー
原作知らないんで出てきた瞬間、誰?とかなり初見の喜びを感じつつテンション上がりまくりでした。
キャプテンアメリカとウインターソルジャーの逃亡シーンで何の前触れもなく登場!
急に影が入ってきて
%e7%8c%ab%ef%bc%91
誰?!
%e7%8c%ab%ef%bc%92
爪で引っかくスタイル
%e7%8c%ab%ef%bc%93
ヘリからの銃撃が効かない
%e7%8c%ab%ef%bc%94
このキャラクターはブラックパンサー
かっこいいし、愛嬌もあってかわいい、猫型ヒーロー!本当に見ててテンションあがりました。因みに単独映画化予定!絶対見に行くな(2018年だけど)

この映画最大の見せ場とも言える飛行場の6対6バトル!ここだけで白飯何杯いけるんだってぐらい終始ニヤニヤが止まりませんよ。
アイアンマンチーム
%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%83%81%e3%83%bc%e3%83%a0
キャプテンアメリカチーム
%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%86%e3%83%b3%e3%83%81%e3%83%bc%e3%83%a0

よーいドン!
%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%88
画面いっぱい入り乱れている

アリの大きさのアントマン
%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%88%e3%83%9e%e3%83%b3
コンビネーション技もたまらない
%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%88%e3%82%bf%e3%83%83%e3%82%b0
キャプテンVSスパイディ
%e3%81%8d%e3%82%83%e3%81%a3%e3%81%b7%e3%82%b9%e3%83%91%e3%82%a4%e3%81%a7l
ブラックパンサーVSウインターソルジャー
%e7%8c%ab%e3%82%bd%e3%83%ab%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%bc
ウォーマシン&スパイディ
%e3%82%a6%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%91%e3%82%a4%e3%83%87%e3%82%a3
お馴染みのタッグも
%e3%81%82%e3%81%84%e3%81%82%e3%82%93%e3%81%86%e3%81%89%e3%83%bc

夢のようなタッグやマッチアップ、サプライズと本当に夢の共演の連続でした!

これだけのキャラをそれぞれに見所を残しつつ戦わせ、ただのお祭り映画ではなくストーリーも引き込まれる。新規参戦キャラクター達も多く見飽きることもなかった。このバランスには脱帽です!マーベル映画がある程度面白くいのが、最早当たり前とすら感じるようになってきましたが、改めてやっぱりすごいです!忘れられない1本となりました!

http://amzn.to/2fnKqer

X-MENとは

今回はX-MENアポカリプス公開ついでに簡単にですがX-MENについて綴ってみます。X-MENが好きな人には結構当たり前の話ですが

.

黒人差別問題
一言で表すとアメコミのヒーロー集団なのですが、日本でヒーローと聞くと強くてたくましい、正義感があって悪を倒す、そんなイメージが強いですがX-MENは
「差別」
この要素が大きなテーマ。
黒人が人権を勝ち取ろうとしている時とんでもない差別を受けていた時代に生まれた漫画がX-MEN。またユダヤ人がナチスに虐殺されていたこともあり、自分がユダヤ系と知られるといつ殺されるかわからない。自分が何者であるか隠す。X-MENにはミュータントと呼ばれる突然変異によって特殊な能力を得た人が存在します。人と違う、差別の対象となることは避ける、ミュータント達が自分の能力を隠すことは、ユダヤ人のメタファーなのです。そしてX-MEN原作のスタンリーさんもユダヤ系アメリカ人。

X-MENメインキャラクターの二人
黒人の弾圧を武力をもたず訴え続けたキング牧師
=プロフェッサーX
武力をもって戦おうとしたマルコムX
=マグニートー
がモデルというのは有名な話
.

.
マイノリティ問題
もともと差別の問題は黒人やユダヤ系が元という話をしましたが、今は現代的な問題が沢山散りばめられています。ミュータントは人の気持ちが読めたり、見た目が変わって力が強くなったり、空を飛んだりetc
実際リアルにこんな人がいたら皆様はどう思うでしょうか?怖い、危険、気持ち悪い、何するかわからない、色々感じると思います。
IMG_6185
実は映画X-MENシリーズの監督、ブライアンシンガーは自分がバイセクシャルであることをカミングアウトしています。世間ではまだまだ認められているとは言えないでしょう。X-MENのヒーローが能力を隠すことには、性的マイノリティのメタファーでもあります。そんな自分の気持ちを隠して生きていくのか、はたまた本当の自分自身を受け入れ堂々と生きていくのか、そんなメッセージも見所のひとつです。
IMG_6187
IMG_6188
.

.
ケネディ大統領暗殺の影にはミュータントがいた
X-MENシリーズは実際の歴史の登場人物が出てくることがしばしばある。アウシュビッツ、ケネディ暗殺やキューバ危機、その歴史の背景に勝手にミュータントがいたことにしてストーリー描かれている。ノンフィクションの歴史に、フィクションのヒーローが絡むのも面白い要素のひとつです。
IMG_6186
.

.
共通の世界
意外に知られていないですが、日本では各マンガの世界が独立しているが、アメコミのヒーロー達は同じ世界にいることがほとんどです。大人の事情(配給会社の違い)で映画のMARVELとX-MENは似て非なるものみたいな感じですが、実際はクロスオーバーします。バットマンやスーパーマンはDCコミックといって少し別になりますが。
映画でもアベンジャーズ、X-MEN、両方にクイックシルバーというキャラクターが存在している。
今後も色々なクロスオーバー作品が登場するでしょうから、皆さんの推しメンを見つけてみてはいかがでしょうか?
マーベル
何人いるんだか
.
これでほんの少しでもアメコミに興味を持って頂けたら幸いです。