【シン・ゴジラ】

ゴジラc
(C)2016 TOHO CO.,LTD.

総監督 庵野秀明 ガメラ・エヴァンゲリオン
監督 樋口真嗣 のぼうの城・進撃の巨人
公開日 7月29日
公開時間 119分

☆4.7

「ゴジラ FINAL WARS」(2004)以来12年ぶりに東宝が製作したオリジナルの「ゴジラ」映画。「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」の庵野秀明が総監督・脚本を務め、「のぼうの城」「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」の樋口真嗣が監督、ハリウッド版「GODZILLA」に登場したゴジラを上回る、体長118.5メートルという史上最大のゴジラをフルCGでスクリーンに描き出す。

.
ターザン観にいこうと思っていたのですが、めったに連絡をとらない友人から「シンゴジラやべえ」と連絡がきたり、友人の母親が「エヴァンゲリオン好きな人も楽しめる」という、謎の評判を聞き観に行ってきました。正直ハリウッド版ゴジラで、日本では考えられない製作費かけまくってやられちゃったら、どうやったって日本はしょぼくなってしまうだろうと思ってました。
本当にすみませんでした!
なめてました!

結論 大満足
昔ゴジラを観ていた世代も当然楽しめます!(実際平日朝行ったが40代~50代で席が埋まっていた)ゴジラ知らない若い世代、楽しめます!そしてエヴァンゲリオン好き、楽しめます!

1990年以降に生まれた世代はまずゴジラというものを知っているけど観たことない。あの怪獣映画ね、ぐらいの感覚、特撮怪獣映画=ウルトラマン=子供向け、ではありませんからね!ガンダムがただロボットに乗って戦うアニメではないのと同じです。若い世代に軽く説明しておきます。

初代ゴジラは1954年に作られた映画。元祖怪獣映画です。何故ゴジラが生まれたのか?それは人間が水爆実験を行い安住の地を追い出されたもの、水爆実験の放射線で恐竜が変異した生物とされている。つまり人間が核実験を繰り返すことで生み出した生物、そしてその生物に自分達の住処を破壊される。そこには戦後核兵器を作ることへの批判や、核を扱うことへの戒めが込められているのです。実際東日本大震災で放射能漏れ等問題になっていたり。現在でも関係ないとは言えませんよね。
「ただ怪獣が出てきて戦う映画でしょ」という考えがなくなったところで感想にうつって参ります。
.

.
リアル描写の追及
本作は実際にゴジラが現れたらどう対処するかというシュミレーションを、政治と自衛隊両面から徹底リサーチしている。ゴジラが現れたらどの管轄がどこまで対応するのか?どこに許可をとって誰が承認すれば動けるのか?そもそも前例がない事態に対し現在の法律でいいのか?正直情報量が多すぎて誰がどこで何やっているのかわかりません。ただそれが理解できなくてもストーリーに全く問題ないのでご安心を!むしろその混乱っぷりが見どころで、あー日本ってこんな国だよな、法案一つ通すのに大変なのにゴジラなんて現れたら・・・
「首を斜めに振らない連中を用意しよう」
会議
記者会見
また美術の部分も細かいディティールにこだわっている。首相官邸は2度見学、執務室は見れないらしい。安部首相のブログ写真を様々な角度から確認し参考にしたり(270度まで判明した模様)災害対策本部も、実際にあった場所をモデルとしている。

一方自衛隊。こちらも実際ゴジラが現れたらどんな戦略でどんな武器を使うのか?各部隊にリサーチしている。
ブリーフィング2
ゴジラVS自衛隊
やっぱりこういうドリームマッチは映画の醍醐味ですよね!ゴジラと自衛隊が対峙して作戦開始する瞬間は胸がワクワクが止まらない。
「射撃の可否を問う」
ヘリ攻撃
怪獣映画の引きの画ってのはゴジラの大きさがわかりやすいし、そこからどの程度の距離から攻撃をしているかがわかる。多連装ロケットは射程距離70km。多摩川から小田原あたりまで届く。
戦車舞台
ゴジラと自衛隊の総力戦。軍配はいかに!?
.

.
ゴジラ造詣
初代
初代 50メートル
ハリウッドゴジラ
ハリウッド 108.2メートル
シンゴジラ
シンゴジラ 118.5メートル
過去最大級の大きさになっている。これをテレビで見ると自分より小さい画面になりますからやっぱり映画じゃないと面白くないんですよね。
生き物としても考えられており、生物の頂点
天敵がいないから音で警戒する必要がない=耳がいらない
身を守る必要がない=瞼もいらない
このように生物としての設定も細かく作られている。今までと一番感じた違いはかわいくないこと。純粋に怖い。
.

.
 ハリウッド版GOZILLAとの比較
※(エメリッヒ監督のトカゲ風ゴジラは置いておく)
ゴジラは着ぐるみを着て撮影されていた特撮ものでしたが、今回は初のフルCG!日本のCGも相当レベル高くなってきましたが、やはりハリウッド版でのCG技術、予算と比べるとどうしても見劣りしてしまう。ただゴジラ自体のCGに違和感はなく、それ以外の何カ所が気になるといった感じ。見方によってはこの不完全なCGにどこか懐かしさすら感じ、ポジティブに捉えれば「味がある」と言えるでしょう。ハリウッド版はゴジラの大きく見せる演出だったり登場までの前振りから登場シーンはかなり良かった。でもシンゴジラ登場までのシーンもめちゃくちゃ面白かった!そうきたか!って感じです。
ストーリーに関してハリウッド版はあってないようなものでしたね。核の扱いがぞんざい過ぎるし、ジャンジラ市という街や、ムトーという怪獣の名前のネーミングはどうかと思う。
トータルで見るとハリウッド版はゴジラという表面上の生き物を再現しているだけで、本質的な部分は描ききれていない。やはり
怪獣映画は日本のお家芸だ!

.
.

実写版エヴァンゲリオン
冒頭に記載した通りエヴァンゲリオン好きな人も楽しめる、これを聞いた時はピンとこなかったですが、
①ゴジラが完全に使徒
②音楽の使い方
③作戦司令室での会話が
「頭部破損」「パルスが逆流しています」
「駄目です、信号拒絶」「モニター反応なし、生死不明」
「作戦中止、パイロットの保護を最優先」
「エヴァ再起動」「まさか暴走!?」
的なニュアンスで展開

ネタバレになるので言いませんが、実際見てもらうと各所にエヴァ風が散りばめられています!監督一緒だし意識的にやってる部分もあるんだろうなと思っていたら、こんなもの発売してますよw
EVAゴジラ
もちろんエヴァ要素が混ざっているだけで、ゴジラであることに間違いありませんし、昔のゴジラを好きな人も嬉しい演出があります!

.
まとめ
本当に面白かったです!災害が起きたときの都心の脆弱さ、想定外へ初期対応の遅さ、責任の所在、ゴジラと自衛隊の対決、エヴァ的アクションの面白さ。色々な要素が混ざって最高の1本となりました!
※因みに俳優さんすげー色々な人でてます。斉藤工と前田敦子出てたのわからなかった。

みんな観て!何故なら俺は続編を観たい!今の技術でメカゴジラとか出てきたら最高だし、10年後でもいいから庵野さんやってくれないかな
ゴジラVSエヴァンゲリオン
さすがにエヴァ実写化はきついか!?でもエヴァの実写化とかいつかやりそうだよね。ハードル高過ぎて誰もやらないかもしれないけど。とりあえず勝手に妄想しておこう。
というかやってるっちゃやってるw
エヴァ対ゴジラ
※庵野監督2012年エヴァを魂削って作ってるから鬱になってしまったようです。ようやく体調戻ってきたみたいで、現在劇場版エヴァも完結に向けて製作中の模様。

DVDじゃ面白さ半減ですからね!できたらIMAXシアターで観て下さい。
一旦ワンピースとドリーを抜いて
初登場1位!口コミで広がれ!
本当に本当におすすめです!
けどハードル上げすぎて観にいくと「言うほどじゃないよね」ってなるから、
とりあえず観てみるかぐらいの感覚でよろしく!

紫の光
eva暴走
まさか暴走!?