ボーンアルティメイタム振り返り(ネタバレ)

ボーンシリーズ振り返り第2弾
【ボーンアルティメイタム】
%e3%83%9d%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc
(C)2007 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.

ボーンアイデンティティ振り返り
http://movie-viewer.com/bornidentety
ボーンスプレマシー振り返り
http://movie-viewer.com/bournesupremacy

自らの失われた過去を取り戻すべく奔走するボーンは、CIAの“トレッドストーン計画”についての記事を書いた新聞記者に接触するためロンドンへと向かう。だが、そこにはCIAの現地要員が待ち受けており……。

パメラは前作で起きた事件を上層部に報告。ジェイソンのおかげでCIAのスパイを見つけ出すことができたが、上層部は危険な男に変わりはない。次は我々が狙われる可能性もあるとし、引き続き警戒。
p1040757

そして今回事件の発端となるのが、ブラックブライアー計画の情報を掴み、嗅ぎ回っている記者、サイモンロス。
p1040761
電話で話している「ブラックブライアー」というキーワードだけでアラートが出て、すぐにサイモンロスにたどり着く。個人情報とか関係ない凄まじい管理体制。
p1040762
CIAはこの情報源がどこなのかを突き止めようと動き出す。
p1040763
「彼の電話、PDA、アパート、車、銀行預金、カード、旅行履歴、全部調べろ」
今回ジェイソンを追う指揮をとるのはこちら
ノア・ボーゼン

時を同じくして、ジェイソンはサイモンロスが書いた記事を見つけ接触を試みる。
p1040765
CIAが職場にいるサイモンを監視中、サイモン宛に電話が。同僚の電話にかかってきた為、CIAは盗聴に失敗。
p1040767
電話の主はジェイソン、サイモンを呼び出す。
p1040766
人ごみの多い駅で、巧みにサイモンを誘導し、CIAを出し抜いて接触に成功。
「情報源は誰だ?名前は?トレッドストーンの誰と話した?」
「言えない、(CIAに追われているのは)原因はブラックブライアー?」
「ブラックブライアー?」
「トレッドストーンのアップグレード名、君がきっかけで立てたれた作戦だ」
再びCIAに追われ、サイモンを電話にて誘導
p1040770

監視カメラにより、CIAはサイモンと接触したのがジェイソンだったということをここで知ります。
p1040771
p1040772
「こっちは全滅です、奴が情報源?」
「だろうな」
前作に引き続きすぐに勘違いするCIA。
ボーゼンは二人に射殺命令を下します。
逃走をしている最中、サイモンはパニックに陥り、ボーンの誘導を無視して行動。その結果、暗殺者に狙撃されてしまう。
p1040773
記者のポケットからてがかりを拝借しジェイソンは逃走。手がかりにスペイン、マドリッドへ。

多くの人の目の前で射殺してしまうという大きな失態をしてしまったボーゼン。長官の命令によりパメラに捜査協力を仰ぎます。
パメラは記者のサイモンに情報を流した人物が、二ール・ダニエルズということを突き止め、ジェイソンと同じくマドリッドへ

先にマドリッドへ着いたジェイソンだが、マドリード支局長ニール・ダニエルズは極秘書類を持ってタンジールへ逃亡した後だった。
p1040778
そこで一枚の写真を見つける。
p1040779
p1040780
記憶の断片が蘇るジェイソン
そこへCIAが到着し、ジェイソンは手際よく職員を倒すと
p1040783
そこにはお馴染みニッキーパーソンが!その時ボーゼンから電話がかかってくると、ニッキーはジェイソンのことをかばい行動を共にします
p1040781
またジェイソンを殺そうとするボーゼンとジェイソンが悪くないのではないかと考えているパメラは対立。

パメラはブラックブライアー計画を問いただす。
p1040785
「ブラックブライアーは本来は監視作戦だった、全機密作戦を包括している」
「潜入工作、犯罪者引渡し、実験尋問、我々の支持でね」
「国を守る実行作戦だ」
「ダニエルズは、南ヨーロッパと北アフリカの作戦を取り仕切ってて、それに関わる者の名前、日時、連絡網を熟知している」

ブラックブライアーはトレッドストーン同様、国の支持を待たずして作戦を実行する闇の部隊。パメラはその計画が不正であると不信感を抱く

ニッキーと逃走中のジェイソンは先ほど入手した写真を見て、最初に会ったのがこの人物であると思い出す。
p1040790
「何かをされた、それを詳しく知りたい」
「俺の呪縛が解ける」

「新入りの諜報員の脳を組み替えるの」
「あなたが第一号」

CIAもダニエルズがタンジールへいることを突き止め、裏切り者を消す為に暗殺者を送る。舞台はタンジールへ
裏切り者のダニエルズとニッキー、そしてボーン。都合の悪い者は全て消すというやり方にパメラは反発する。
p1040791
p1040792

暗殺者の仕掛けた罠にダニエルズは殺されてしまう。そこからジェイソン対暗殺者の凄まじい追いかけっことバトルが始まり、ジェイソンは無事撃退。
p1040797
そしてこのシーンを予告で何回みたことか
p1040796
p1040793

ニッキーは自分も狙われている為、髪を染めて切り、印象を変えます。このシーンどこかで見ましたね。
p1040799
そしてニッキーとはここでお別れ。
p1040801
p1040800

ジェイソンは自分が暗殺者として生まれた場所へ
p1040803

そこには写真の男が
p1040806
「何故俺を選んだ?」

「気味が我々を選んだのだ」
君が志願した、ここでね。計画を聞いたうえで」
「君は国に仕えたいと」

 「人殺しをさせられた」
p1040807

「そうなることは最初からわかっていたはずだ」
君が自ら選んだのだ
ジェイソンボーンになると
p1040809

ジェイソンは全て思い出し、もうジェイソンボーンじゃないと言い残し逃走。銃撃を受けてビルから転落。
p1040811

パメラはトレッドストーン、ブラックブライアー計画の極秘書類をジェイソンから受け取り、全てを明るみへ。この計画へ関わっていた全ての者は逮捕となりました。
p1040813
p1040812
ジェイソンボーンの死体は見つかっておりません。という報道と共にエンディングへ。

いよいよジェイソンボーン公開間近!

ボーンシリーズまとめ
http://movie-viewer.com/born