【ハドソン川の奇跡】

postre
(C)2016 Warner Bros. All Rights Reserved

☆4.6

監督 クリント・イーストウッド
許されざる者 ミリオンダラーベイビー アメリカンスナイパー
公開日 9月24日
公開時間 96分

名匠クリント・イーストウッド監督がトム・ハンクスを主演に迎え、2009年のアメリカ・ニューヨークで起こり、奇跡的な生還劇として世界に広く報道された航空機事故を、当事者であるチェズレイ・サレンバーガー機長の手記「機長、究極の決断 『ハドソン川』の奇跡」をもとに映画化。乗客乗員155人を乗せた航空機がマンハッタンの上空850メートルでコントロールを失う。機長のチェズレイ・“サリー”・サレンバーガーは必死に機体を制御し、ハドソン川に着水させることに成功。その後も浸水する機体から乗客の誘導を指揮し、全員が事故から生還する。サリー機長は一躍、国民的英雄として称賛されるが、その判断が正しかったのか、国家運輸安全委員会の厳しい追及が行われる。

クリント・イーストウッド監督とトム・ハンクスの初タッグ!これだけで随分話題になってますし、面白くないわけないと思ってましたが、結論から言うと
面白すぎか!
前作アメリカンスナイパーでもかなり衝撃を受けましたが、今回もかなり心に響きました。

.
.
クリント・イーストウッド
イーストウッド監督と言えば人間味溢れる、奥深い心情を描くことが特徴です。事件はあくまでもきっかけで、その事件の裏側にあるひとりひとりの心情を深堀していく。前作アメリカンスナイパーで160人を射殺した最も強い狙撃手、戦果という意味では国に貢献し、多くのアメリカ兵を救った英雄なのかもしれません。しかし本人の心は蝕まれていき、PTSDを抱え苦悩の日々を送る。今作もテーマは一貫しており、155人を救った英雄。しかし本当に正しい判断だったのかと一転、容疑者になってしまう。何が正しくて、何が間違っているという明確な答えではなく、見方を変えれば正義にも悪にもなる。それは自分とかけ離れているわけではなく、日常に溢れかえっている身近なこと、故に見ている人が心を揺さぶられるのでしょう。
%e8%8b%b1%e9%9b%84%e3%81%98%e3%82%83%e3%81%aa%e3%81%84
%e8%a8%88%e7%ae%97%e4%b8%8a
208%e7%a7%92%e3%81%ae%e6%b1%ba%e6%96%ad
「40秒の経歴が、208秒の決断だけで疑われる」

.
.
実話映画化
今回は2009年1月15日に起きた飛行機事故の実話をもとに製作された映画。実はこの映画リアリティを追求する為に、実際に使われた救助ボートを使用したり、船の船長、ヘリから降りるダイバー、救助にあたってくれたボランティアの方々、この事件に関わった人物本人を起用。当時の関係者は素晴らしい思い出だから皆参加を希望、この奇跡を追体験できると喜んでいたようです。それを知りながら見ると感動度合いも増しますね。
%e6%9c%ac%e7%89%a9

.
.
エンターテイメント
飛行機が墜落した映画と聞けば、大迫力の航空パニック映画として1本とれそうですが、本作はその後の着水という判断が正しかったのかという点に軸をおいています。人間ドラマがメインなので悪い言い方をすると地味な映画になってもおかしくありません。ところがストーリー運びが本当に上手で
・飛行機墜落着水の緊迫感溢れるアクション
・機長は正しい判断をしたのかというサスペンス
・細かい心理を描くヒューマンドラマ
それぞれの要素がきれいにまとまって極上のエンターテイメントに昇華されている!しかも今回はIMAX用に撮影されているため、IMAXシアターで観ることをお勧めします!

..
.
まとめ
苦悩や葛藤が描かれているシーンも多く、信念をもってやってきたことが本当に正しかったのか?人間誰しも弱気になってしまう瞬間があると思います。この絶妙な心理描写をトムハンクスが本当に素晴らしい演技で魅せてくれました!
不安・混乱・安堵、様々な感情、そのひとつひとつに感情移入でき、別に感動する場面でもないのに急に涙がこぼれました。自分が何で泣いているのかよくわからないけど、涙が止まらない、久々にそんな感情を味わった。
%e6%b6%99%e3%81%8c%e3%81%a7%e3%82%8b
なぜか泣いている

果たして機長の下した判断は正しかったのか?
それとも誤った判断だったのか?
そして最後の最後の会話本当に笑った、行けばわかります!

この映画大好き!

96分間と見やすくもなっています!
全ての人に自信をもっておすすめします!

【アリスインワンダーランド時間の旅】

ogp_alicetime_01
©Disney

監督 ジェームス・ボビン
公開日 7月1日
上映時間 113分

☆3.4
ディズニー好きの女性におすすめ
前作振り返りはこちら↓
http://movie-viewer.com/alice-in-wonderland

アリス・イン・ワンダーランド」の続編。美しく成長したアリスは、父の形見のワンダー号の船長として、3年に渡る大航海を成功させてロンドンに戻ってきた。だが、彼女を待ち受けていたのは、父の愛した船を手放すという厳しい現実。途方にくれていると、突然青い蝶アブソレムが現れ、友だちのマッドハッターの危機を告げるのだった。悲しい過去にとらわれたマッドハッターを救うため、時間をさかのぼる旅に出るアリスの姿を描く物語。前作監督のティム・バートンはプロデューサーとして参加。

英語版タイトルだとAlice through the looking glassとなっており、日本でいう「鏡の国のアリス」が今回の物語となっております。
私は原作は基本詳しく知りませんが、小学校の頃ファミコンで遊んでた程度。
img_2
ミッキーマウス、不思議の国の大冒険

3DIMAX上映で見てきたのですが相変わらずの
美しい世界観
見ているだけで楽しくなる映像美は前作同様健在!
1465800629378

オープニングから前作から大きく成長したアリスが登場!大きく成長し過ぎ、たくまし過ぎてちょっと引く。
父の形見の船を売却しなければならないという苦悩を抱え、アブソレムによって精神世界(ワンダーランド)に引き込まれていき、ここから物語が動いていくのですが、正直残念な感じでしたね。
無1題

前作からのストーリーの関連付け
予め2作目を意識して1作目を作っていない上に、タイムトラベルもの。2作目ならいくらでも話を作れるが、過去の話となったら当然1作目と矛盾を生じないようにしなければならない。過去の話を作るのは難しいと思うが、前作の続きとしても赤の女王の立ち位置とか不明過ぎる。


赤の女王と白の女王の確執

この姉妹に何があったか?物語の軸になっているひとつ。確執が出来た原因は面白かったが、赤の女王の頭が大きくなった理由それ?!もっとファンタジーにしていいんじゃない?理由リアルで見た目ファンタジー。あの確執が原因で前作ラスト、
白の女王の仕打ち・・・誰か赤の女王救ってやれ!


マッドハッターは写し鏡
ハッターは家族に起こったトラウマが蘇り焦燥していく。父を失ってしまったアリスの写し鏡となっています。
「不可能という言葉は嫌いだわ」
「不可能を可能にする秘訣は信じること」
と冒頭どや顔で言ってますが、父親が蘇るということは不可能だと思っている。このアリスの心情を全てハッターが抱える形。アリスが時間の旅をしてこの不可能と思うことを可能と信じるようになるきっかけがあるのですが、現金過ぎやしませんか?なんかいかさましてるようでね。チートだよチート


キャラクター達の魅力減少

今回から登場した新キャラクター、タイム
maxresdefault2
Time is he?「タイムって人なの?」

時間自体がキャラクターになっている部分は面白い。このタイム自体もいいキャラクターなんだが、もっとタイム自体の立場だったり、心情を描いて欲しかった。しょうがない、ジョニーデップですから、ハッターに焦点を当てすぎて偏ったように感じます。前作活躍したうさぎやチェシャ猫、ヤマネ、この辺りのグループが活躍していない。新キャラタイム含め、個性豊かなキャラクター達を絡めた方が面白かったのではないだろうか。

 

物語自体は比較的わかりやすく、着地もそれっぽくなっているのだが、主軸の部分以外は作りこまれていない為、それがノイズになって、わかるんだけどわからない、何かスッキリしないような作品でした。

つまらないとは言いません。世界観見るだけでも楽しめます!このあたりのシーンとか本当に好きだったし
maxresdefault
否定的な感じになってしまいましたが、個人的にはこの世界とキャラクターに会えるのはやっぱり好きです!

やっぱり映像美は大きな魅力なので、絶対映画館、できればIMAXでご覧になることをおすすめします!

 

全然関係ないが、そう考えるとFF7 のあとに発売されたクライシスコアは本当によくできていた!後付でよくここまで作りあげたよ
51e0spXGcpL__AA280_