X-MENとは

今回はX-MENアポカリプス公開ついでに簡単にですがX-MENについて綴ってみます。X-MENが好きな人には結構当たり前の話ですが

.

黒人差別問題
一言で表すとアメコミのヒーロー集団なのですが、日本でヒーローと聞くと強くてたくましい、正義感があって悪を倒す、そんなイメージが強いですがX-MENは
「差別」
この要素が大きなテーマ。
黒人が人権を勝ち取ろうとしている時とんでもない差別を受けていた時代に生まれた漫画がX-MEN。またユダヤ人がナチスに虐殺されていたこともあり、自分がユダヤ系と知られるといつ殺されるかわからない。自分が何者であるか隠す。X-MENにはミュータントと呼ばれる突然変異によって特殊な能力を得た人が存在します。人と違う、差別の対象となることは避ける、ミュータント達が自分の能力を隠すことは、ユダヤ人のメタファーなのです。そしてX-MEN原作のスタンリーさんもユダヤ系アメリカ人。

X-MENメインキャラクターの二人
黒人の弾圧を武力をもたず訴え続けたキング牧師
=プロフェッサーX
武力をもって戦おうとしたマルコムX
=マグニートー
がモデルというのは有名な話
.

.
マイノリティ問題
もともと差別の問題は黒人やユダヤ系が元という話をしましたが、今は現代的な問題が沢山散りばめられています。ミュータントは人の気持ちが読めたり、見た目が変わって力が強くなったり、空を飛んだりetc
実際リアルにこんな人がいたら皆様はどう思うでしょうか?怖い、危険、気持ち悪い、何するかわからない、色々感じると思います。
IMG_6185
実は映画X-MENシリーズの監督、ブライアンシンガーは自分がバイセクシャルであることをカミングアウトしています。世間ではまだまだ認められているとは言えないでしょう。X-MENのヒーローが能力を隠すことには、性的マイノリティのメタファーでもあります。そんな自分の気持ちを隠して生きていくのか、はたまた本当の自分自身を受け入れ堂々と生きていくのか、そんなメッセージも見所のひとつです。
IMG_6187
IMG_6188
.

.
ケネディ大統領暗殺の影にはミュータントがいた
X-MENシリーズは実際の歴史の登場人物が出てくることがしばしばある。アウシュビッツ、ケネディ暗殺やキューバ危機、その歴史の背景に勝手にミュータントがいたことにしてストーリー描かれている。ノンフィクションの歴史に、フィクションのヒーローが絡むのも面白い要素のひとつです。
IMG_6186
.

.
共通の世界
意外に知られていないですが、日本では各マンガの世界が独立しているが、アメコミのヒーロー達は同じ世界にいることがほとんどです。大人の事情(配給会社の違い)で映画のMARVELとX-MENは似て非なるものみたいな感じですが、実際はクロスオーバーします。バットマンやスーパーマンはDCコミックといって少し別になりますが。
映画でもアベンジャーズ、X-MEN、両方にクイックシルバーというキャラクターが存在している。
今後も色々なクロスオーバー作品が登場するでしょうから、皆さんの推しメンを見つけてみてはいかがでしょうか?
マーベル
何人いるんだか
.
これでほんの少しでもアメコミに興味を持って頂けたら幸いです。

8月注目公開映画

いよいよ梅雨明けして夏本番!
8月は何がみどころでしょうか?

8月11日
ジャングルブック
ジャングルブック
(C)2016 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

アリスインワンダーランド・ファインディングドリーときてディズニー映画夏休み最後の1本。
アイアンマンシリーズの監督ジョンファブローが実写映画化。個人的にジョンファブロー好きだから結構期待してます!
それより映画館で見た吹替の予告。字幕の予告はいいですわ。それより子供向きの吹替の予告。リトルグリーモンスターのかわいい歌にのせて、トラや巨大類人猿に追われる様が流れる。完全に予告詐欺だろ!ってかわいい仕上がりになってる。子供が予告見て楽しそうって思って映画館行ったら泣くぞ!

.

ペット
ペット
(C)UNIVERSAL STUDIOS
.

ミニオンズのイルミネーション・エンターテインメントとユニバーサル・スタジオがタッグを組んだ長編アニメーション。吹替にバナナマンが参加してることでも話題ですね。ミニオンズアルバイト大作戦と同時上映。
ミニオンズ同時上映

.

.
X-MEN:アポカリプス
XMEN
(C)2016 MARVEL & Subs. (C)2016 Twentieth Century Fox

マーベルコミック原作の人気アクション大作「X-MEN」の前日譚を描いた「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」「X-MEN:フューチャー&パスト」のシリーズ続編。シリーズ第1作「X-MEN」や、前作「X-MEN:フューチャー&パスト」を手がけたブライアン・シンガーが監督。今回ウルヴァリン参戦で盛り上がってます!
XMENウルヴァリン

.

8月19日
ゴーストバスターズ
ゴーストバスターズ

幽霊退治に挑む科学者たちの活躍を描き、1980年代に一世を風靡した「ゴーストバスターズ」を、女性をメインキャラクターに新たに復活させたアクションコメディ。32年振りにリブート。初代ゴーストバスターズの監督がプロデューサーとして参加。一体どうなっているのでしょうか?結構おもしろそうなんだよねー

.

8月20日
青空エール
青空エール
(C)2016 映画「青空エール」製作委員会 (C)河原和音/集英社

「高校デビュー」「俺物語!!」などでも知られる河原和音の人気コミックを、「orange オレンジ」の土屋太鳳と「仮面ライダードライブ」「下町ロケット」の竹内涼真の共演で実写映画化。監督は、「アオハライド」「ホットロード」「僕等がいた」など数々の漫画原作映画を手がける三木孝浩。若いカップルや女子には鉄板の青春映画でしょう。

.

8月26日
ミュータント・ニンジャ・タートルズ 影(シャドウズ)
タートルズ
(C)2015 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

ニューヨークを舞台に活躍する忍者のカメ4兄弟「タートルズ」を描いたアクション「ミュータント・タートルズ」のシリーズ第2作。1作目つまらなかったわけじゃないけど、やっぱ亀の感じとか面白かったし、でもまた製作にマイケルベイ(トランスフォーマーシリーズ監督)がいますから、トランスフォーマー風タートルズかな?新監督で新しい雰囲気が出ることを期待!

.
.

君の名は。
君の名は

「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」「心が叫びたがってるんだ。」田中将賀がキャラクターデザインを担当。「もののけ姫」「千と千尋の神隠し」などスタジオジブリ作品に数多く携わってきた安藤雅司が作画監督を務める。
これ参加スタッフも豪華で映像きれいで予告もかなりスピード感あって面白そう。まだ見たことないですが、新海監督、新しいアニメーション監督として今後注目じゃないですかね

 

まずはターザンREBORM見てからのジャングルブックかな。29日金曜ロードショーでハリウッド版ゴジラやってましたが、時間あったらシンゴジラも見たい。当然仮面ライダーやジュウオウジャー、そしてアイカツもランキング入ってくるでしょう。8月は外で思いっきり遊びたいですが、雨降ったら映画みましょう!

あー最近筋トレする気しない。誰かモチベーションくれ

【デッドプール】

200

TM and © Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved. © Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

監督 ティム・ミラー(長編製作1作目)
公開日 6月1日
上映時間 108分
R15指定

☆4.0(5点満点)
アクション好きの男性におすすめ

マーベルコミック原作の人気作「X-MEN」シリーズのスピンオフで、「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」に登場した異色のヒーロー、デッドプールを主役に描くアクションエンタテインメント

知らない方の為にX-MENはウルヴァリンを中心としたミュータントチーム
昔から映画も数多くあります
XMEN1

アベンジャーズはキャプテンアメリカやアイアンマン中心のチーム
SID0010849
(C)2016 Marvel All rights reserved

アメコミの原作を読んでいないのでデッドプールというキャラクターは知らなかったのですが、この映画で相当好きになりました

因みにデッドプールとはセレブ達や死ぬ確立が高い競技を対象に
誰が一番早く死ぬかを当てる
という不謹慎極まりないゲームの名前が由来

オープニングから120%ふざけてやがる
デッドプールのキャラクター知ってれば多少納得できるオープニング
ただのB級映画っぽく見えるけどご安心を

キャラクターの特徴
・おしゃべり(下ネタ含む)
・元は腕のいい傭兵
・超回復(ウルヴァリンと同じヒーリングファクター)
・基本は二丁拳銃に2本の刀(その他の武器も習熟)
・第4の壁を軽々越える

ヒーローと言っても人助けをするわけでも悪党を倒す為でもなく
私情で戦う。戦っている最中も軽口を叩き続け
下品な言葉で下ネタを連発
マスクをつけているが表情豊かで、こんなろくでなし野郎が
愛嬌があり可愛く見えてくる
CN9W5G7UsAA9Brl
どこかの熊のぬいぐるみもかわいさと下品な両面もっていましたね
これが大ヒットを記録している理由でしょう
何故かデッドプールはキティちゃんが好きで劇中にも登場します

映画の見所
戦い方も銃と刀を使ったスタイリッシュなアクションで
非常にかっこよく面白いのですがそんなことよりこの映画の最大の特徴は
「第四の壁の突破」
もうここに尽きるでしょう

第四の壁
演劇等において観客席(現実)と舞台(フィクション)の間に概念上存在する透明な壁

いわゆるメタ発言

コミックでキャラクターが
「何で俺が活躍できないんだ?」
「作者が気に入っていないんだよ」
などと、視聴者とキャラクターの境界線を破ること
20081115161238
昔はこういうメタい発言がゲームにはよく出てくる

最近だとウルフオブウォールストリートやマネーショートでも
観客に話しかけるシーンが登場したが本作は永遠とこれをやっている

観客に話しかけるのは当たり前で
・制作費がないからできなかった
・他の映画の話題をいじる
・役名ではなく俳優名を喋る
こんな話ずっとしてます

 

そもそもコミック自体が第4の壁を越えるキャラクターになっており
自分がコミックの中にいるキャラクターという認識を持っている
映画では96時間のリーアムニーソンいじったり、自分が出演していた大コケしたグリーンランタンの自虐だったり、撮影カメラまでいじる始末
その他にもそんなシーンが沢山出てきますので、わかると笑えます

実はラブストーリー?!
下品で下ネタ好きで喋り倒すキャラクターなうえに第四の壁を壊し続ける為、まぁうるさい。スパイダーマンが静かと感じる程よく喋る
こんなろくでなし野郎ですが、実は恋人想いの一途な奴
劇中でジョークっぽくこれはラブストーリーなんて言ってますが、いや実際その要素はあって、まさかの最後はほろっと涙が出てしまいました
この辺のバランスも絶妙なんです!
戦う動機も明確で復習と愛する人を守るため、わかりやすい構成
見終わったあとはみんなこの憎めないキャラクターを好きになってしまうはず

最後にちょっと苦言
制作費は確かに他の作品と比べると予算が3分の1~5分の1ぐらいで
予算を節約して公開時間も短くしたようなので都合は色々あるでしょうが

・能力を得てから強くなるまでの話をもう少し深堀して欲しい
コスチュームが赤い理由は出てくるが、何故2丁拳銃と2本の刀なのか等
・X-MENシリーズのキャラクターとの出会いの説明が一切無い
そもそもこんな奴入れるべきじゃないだろうし
a
・敵の能力がいまいちわかりにくい
・終盤人質とった意味ない

やっぱりヒーロー誕生1作目は、そこにいきつくまでの過程を楽しませて欲しかった!そこは残念だったかな

日本では植物図鑑とズートピアに負けて1週目3位となりましたが
アメリカではぶっちぎりの興行収入で大大ヒット!
続編も決まりまたデッドプールに会えるのが楽しみです!

こんなろくでなしヒーローに会いに是非劇場へ
R15だけどあまりグロくはないです
CBJNyhdUMAA2V8u